2015.03.24更新

こんにちは!!

 

今回は筋の作用に関する用語をご紹介します。

筋肉の収縮によって、各部を動かす様式はさまざまです。

 

 

 

『屈曲と伸展』

 

屈曲は関節の作る角度を小さくするような運動のことをいい、

伸展はその逆に角度を大きくするような運動のことをいいます。

以下の図は肩の屈曲、伸展です。

きん

(※医学書院より)

 

 

 

『外転と内転』

 

外転は四肢などを体幹から遠ざける運動のことをいい、

内転は逆に近づける運動のことをいいます。

以下の図は股関節の外転、内転です。

 きん

(※http://www.ko2jiko.com/pickup-koui/kashikinoushougai1.htmlより)

 

 

『内旋と外旋』

 

上腕、大腿にみられる運動です。

外旋は上腕、大腿の前面が外側に回転する運動のことをいい、

内旋は逆に上腕、大腿の前面が内側に回転する運動のことをいいます。

以下の図は股関節の内旋、外旋です。

きん

(※http://www.ko2jiko.com/pickup-koui/kashikinoushougai1.htmlより)

 

 

 

 

次回は個々の筋肉の作用などをご紹介します。

 

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
高田馬場駅、目白駅から徒歩6分
デスクワークや家事が原因で起こる肩こり、腰痛はリムス鍼灸整骨院まで。
自費治療、鍼灸治療、整体などの施術もできます。
健康保険、交通事故治療、自賠責、労災、各種保険対応しております。
リムス鍼灸整骨院
〒東京都豊島区高田3-32-3メイスンビル1F       ☎03-6912-6467
診療時間  平日 11:00〜22:00 (最終受付 21:00)
        土日 11:00〜19:00 (最終受付 18:00)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

投稿者: リムス鍼灸院・整骨院

2015.03.18更新

こんにちは。

前回は筋肉基本知識について書いていきましたが、前回の知識をふまえたうえで

今日は筋肉の痛みについて書いていこうと思います。

 

 

筋肉の痛みには

『筋肉自体の痛み』

『腱の付着部の痛み』

が原因になって痛みが発生していることが多いので、詳しくご説明します

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

『筋肉自体の痛みについて』

 

筋肉自体の痛みといっても、原因は様々です。

①筋肉の張り、こりが原因の場合

 

筋肉の張り、こりが原因の場合には、多くは重くだるいような痛みが特徴です。

長時間同じ体勢を続けたり、筋肉を酷使しすぎると、筋肉には疲労物資が溜まり伸縮性がなくなってきます。

伸縮性がなくなることで、血流不良が発生し、筋肉の張り、こりが発生するといわれています。

この筋肉の張り、こりをほおっておくと筋肉が慢性的に張っている固い状態になります。

マッサージなどで定期的にケアなどをすると予防することができます。

 

 

②筋肉の損傷が原因の場合

 

発生直後から痛みのために歩行が困難となります。

損傷を受けた筋の部位に圧痛があり、太もも裏のハムストリングスという筋肉の場合は

膝の屈曲運動で抵抗を加えると痛みが増強します。

またハムストリングスを伸ばすような動作をさせても痛みが強くなります。

急に走ったり、全速で走ったときやジャンプなどの動作で、

筋肉が強く収縮されるために、筋繊維の一部に損傷が生じて痛みがでます。

受傷直後はアイシングと、伸縮包帯で圧迫を加え、損傷を最小限に押さえます。

(※以下は専門の知識をもった医療関係者のかたと相談しながら行ってください)

3-5日で痛みが軽くなってきた頃から、患部を暖めストレッチングを始め筋の拘縮を予防します。

さらに痛みが軽くなってきた場合、動作の訓練をおこないます。

動作がスムースにできるようになったら歩行訓練などを開始していきます。

再発を繰り返すことがあり、慎重に対応する必要があります。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 『腱の付着部の痛み』

 骨に付着している靭帯と腱に炎症が起きる状態で、スポーツする前などにストレッチをせずに走ったり、

筋肉が固い状態のまま無理な動きやストレッチをして腱や靭帯に負担がかかり痛めることが多いです。

腱というのは筋肉と骨をつなぐ硬い組織であり、筋肉のように伸び縮みしません。

腱で有名なのはアキレス腱です。これら腱の付着部は、成長期にはほとんどが軟骨を介して骨とつながっています。

軟骨は腱や骨よりも機械的強度が弱いために、慢性負荷にさらされると、軟骨に損傷が起こり、炎症を生じるケースもあります。

十分なストレッチやマッサージなどで予防ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
高田馬場駅、目白駅から徒歩6分
デスクワークや家事が原因で起こる肩こり、腰痛はリムス鍼灸整骨院まで。
自費治療、鍼灸治療、整体などの施術もできます。
健康保険、交通事故治療、自賠責、労災、各種保険対応しております。
リムス鍼灸整骨院
〒東京都豊島区高田3-32-3メイスンビル1F       ☎03-6912-6467
診療時間  平日 11:00〜22:00 (最終受付 21:00)
        土日 11:00〜19:00 (最終受付 18:00)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: リムス鍼灸院・整骨院

2015.03.10更新

こんにちは!

 

今日は筋肉の基本知識について書いていこうと思います。

運動をする際に動いている筋肉は骨格筋とよばれ、例外はあるものの必ず一つ以上の関節を越えて存在しています。

人体にはおよそ600以上の筋肉があり、体重の約40~50%を占めています。

 

 

筋肉の構造

筋肉の中央部のふくらんでいるところは『筋腹(きんぷく)』と呼ばれ、そこから徐々に『腱(けん)』になり骨に付着します。

にく

皆さんがよく耳にする肉離れは『筋腹』がさけてしまった状態をいいます。

アキレス腱炎などは『腱』と骨との付着部での炎症が起きてしまった状態をいいます。

 

 

起始(きし)と停止(ていし)とは

筋肉の両端にある『腱』が骨のどこの部分についているかを示しています。

起始とは、筋の両端のうち動きの少ないほうをさし、動きの多いほうは停止といいます。

四肢などの筋肉では起始は体幹に近い腱の端をさし、停止は体幹から遠い腱の端をさします。

 

体幹の筋肉は起始と停止がはっきりしない筋もあり、便宜上

 背骨に近いほうを起始、上下方向に走る筋では骨盤に近いほうを起始としています。

 

 

 

次回は筋肉の痛みについてのブログを書いていきます!

おたのしみに!!!

 

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
高田馬場駅、目白駅から徒歩6分
デスクワークや家事が原因で起こる肩こり、腰痛はリムス鍼灸整骨院まで。
自費治療、鍼灸治療、整体などの施術もできます。
健康保険、交通事故治療、自賠責、労災、各種保険対応しております。
リムス鍼灸整骨院
〒東京都豊島区高田3-32-3メイスンビル1F       ☎03-6912-6467
診療時間  平日 11:00〜22:00 (最終受付 21:00)
        土日 11:00〜19:00 (最終受付 18:00)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

投稿者: リムス鍼灸院・整骨院

PageTop